玉造工業高等学校の文化祭で紹介されました

こんにちは。アルクの広報担当、高羽です。
北海道では、やっと初雪が観測されたとのこと。ゆっくりではありますが、確実に季節は冬に向かっているようです。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、タイトルの件、
今年の夏に、当社初のインターンシップを受け入れたわけですが、そのご縁もあって、玉造工業高等学校の文化祭で、当社の取組みを掲出させていただきました。

玉造工業高等学校には「機械・エネルギー科」という学科があって、一般的な電気や機械、土木といった学科とはまた違った切り口で工学分野の人材育成に取り組まれています。エネルギーに関わる人材を養成する玉造工業高校と、「地中熱」を扱う当社・アルク。再生可能エネルギーというキーワードでご縁を頂き、夏のインターンシップ、そして今回の文化祭での掲示につながったわけです。

※夏のインターンシップについてはコチラの記事をどうぞ

当社で扱っている「地中熱」というエネルギーは、発電ができるわけではないし、土の中で見えにくく非常に地味な代物ですが、こういう形で徐々に皆さまの目に触れるようになって、普及が進んでいくのだなぁと感じました。

水戸市東野町の当社社屋では、地中熱全館空調を採用しています。見学ご希望の際は、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【お問合せ】029-246-9511 担当:高羽(たかは)

動画で紹介する株式会社アルク その3

こんにちは。アルクの広報担当・高羽です。先日、ビッグサイトで開催された「地盤改良技術フォーラム」の視察に、来春入社予定の学生さんと内定者研修を兼ねて行ってきました。すっかり慣れているビッグサイトですが、、、研修ですから、今回は、ちょっと勝手が違います。(正直、緊張しました 汗)


入社前に、少しでも地盤業界のことを知ってもらいたいという主旨で設定した今回の研修。当社が採用する「Σ-i(シグマ・アイ)工法」を、いつもお世話になっているジオテック株式会社の平間課長に説明していただきました。右側(後ろ姿)で説明を受けているのが入社予定の学生(写真は恥ずかしいらしいのでまたの機会に)です。女性で、なおかつ超・文系。地盤業界のことなど全く知らない素人に、一からわかりやすく説明をしていただきました。アポなし&無茶ぶりにご対応いただき、ありがとうございました!

それでは、今回視察してきた「Σ-i(シグマ・アイ)工法」の施工風景を、動画でご覧ください!!

地盤改良工事 杭状地盤補強工法「Σ-i(シグマ・アイ)」

【Σ-i(シグマアイ)工法】
先端に4枚の掘削刃とスパイラル状の翼部が取り付けられた杭を地盤中に回転しながら貫入させる杭状地盤補強工法。

アルクの夏休み

こんにちは。アルクの広報担当・高羽です。「今日も暑いですねぇ・・・」がすっかり定番の挨拶になった今年の夏ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

今年の夏は、夏休み中のキッズ、高校生、大学生と連携して、アルクとして初めての試みにチャレンジしておりました。

★初チャレンジその1「高校生インターンシップ」
8月2日から1週間。玉造工業高校の2年生1名を、1週間の日程でインターンシップとして預かり、行動を共にしました。


機械・エネルギー科のS君はちょっとシャイな好青年でした


「即実践」が信条の当社。2日目にはお客様に地中熱の説明をしてもらいました


理系男子だけに現場の方が性に合っていたようです


進学志望校の日本大学工学部で伊藤准教授直々にレクチャーも受けました

★初チャレンジその2「自由研究大作戦」
地域の小学生向けの「熱と再生可能エネルギー」をテーマにした実験イベントを開催しました!


主役は明海大学で「再生可能エネルギーと街づくり」を研究している本間准教授と研究室の学生たちです。お湯と水を混ぜる実験からスタート!


タイショー・荻沼さんによる、地球温暖化&人力発電&太陽光発電のコーナーや、、、


井戸水の冷たさを体感するコーナーもありました!


メインイベントは「氷+食塩」でジュースをシャーベットにする実験。0℃ぐらいの氷がみるみる内にマイナス20℃ぐらいまで急降下!作ったシャーベットはみんなで美味しくいただきました(^_^)


イベントの様子が茨城新聞に掲載されました


動画ニュース「茨城新聞クロスアイ」で配信されました

初めての試みばかりのアルクの夏休み企画。皆様のご協力を頂いたおかげで、参加した子供(高校生はもう子供ではないかもしれませんが)たちには、おおむね満足していただけたように感じます。

「我々(年長者)が若者にしてあげられることは、夢を提示しそれを実現できる環境を整えること」(日本大学・伊藤准教授からのメールより)

地域に貢献できる企業を目指して、これからも取り組んでいこうと思います!

【イベントレポート】元読売巨人軍・鈴木尚広氏トークイベント&野球教室

こんにちは。アルクの広報担当・高羽です。まれにみる早さで梅雨明けし、いよいよ夏到来といったところですね。

そんな夏晴れの7月1日(日)に、元プロ野球読売巨人軍・鈴木尚広氏のトークイベント&野球教室が開催され、当社も協賛企業としてお手伝いをさせていただきました!


定員180名はあっという間に埋まったそう。爽やかを絵にかいたような方で、トークの面白さも抜群でした!


個別レッスン「速く走るためのポイント」
「足のスペシャリスト」ならではです


サインの時の笑顔も最高でした!!

トークイベントは午前中に開催。そして昼食もそこそこに、午後からは水戸市常磐小学校のグランドで野球教室を開いていただきました。


子供たちも大喜び。眼差しが違います。


マンツーマンでの指導。この上ない思い出になったでしょう。


最後はジャンケン大会でお宝をゲット!

トークイベントでの盛り上がりもさることながら、野球教室では参加した小中学生のキラキラした目の輝きと校庭にあふれる歓声&笑顔が印象的でした。

「夢はプロ野球選手になることです!」

そんな夢へのお手伝いに加わらせていただけたことに感謝です。
鈴木尚広さん、ご来場の皆さん、そしてイベントに携わったすべての皆さん、ありがとうございました!

動画で紹介する株式会社アルク その2

こんにちは!アルクの広報担当・高羽です。最近は、低炭素社会を実現するためのプロジェクト『いばらき低炭素社会実現研究会』での取組みに東奔西走している毎日です。小さい組織なのですが事務局長という大任を預かり、プロジェクトが進行し実が入ってくると並行して、その責任とやりがいの大きさを感じているところです。

という、ブログ更新がおざなりになっている言い訳はほどほどにして、久々のブログ更新です(汗)今回は、「動画で紹介する株式会社アルク」の第2弾!地盤補強工事、パイルド・ラフト工法「RES-P工法」の様子を動画で紹介しますのでご覧ください。

地盤改良工事 パイルド・ラフト工法「RES-P工法」
↑クリックすると動画がスタートします

【RES-P工法】
弱い地盤中に亜鉛メッキを施したパイプ(細径鋼管)を貫入して、地盤とパイプの複合作用で地盤を強くして沈下を防ぐ住宅の基礎地盤工法。低振動・低騒音、養生期間が不要、残土なし等、メリットが多い工法です。

*************************************
★☆★現場管理&技術スタッフ募集中★☆★

◆地盤改良◆地質調査◆地盤補強◆地中熱◆沈下修正◆環境事業
地球の未来のために一緒に働く「施工管理の正社員」を募集中!
年齢30代が中心の、若くてパワーがある会社です!

↓↓↓こういう方にオススメ↓↓↓
・デスクワークより現場作業が好きという方
・高い評価の中で「質の高い仕事」を求めている方
・新しい時代・分野・技術にチャレンジしたい方
・若い会社でバリバリ仕事をしたいという方
・硬い話は苦手だけれど、手堅い仕事は得意という方
☆ご興味ある方、ぜひお気軽にお問い合わせください。
☆当社は「土の中から地球の未来を考える」会社です☆
株式会社アルク 029-246-9511 担当:宗元(ムネモト)
http://www.a-rc.co.jp/

↓↓↓内容・待遇等 硬い話はコチラ↓↓↓
************************
株式会社アルク http://www.a-rc.co.jp/
【職種】施工管理(現場内容については当社HPを参照)
【採用予定人数】2名
【対象】高卒以上、要普通免許 <未経験者大歓迎!!>
◎建築・土木関係の経験がある方、優遇!
◎土木施工管理技士等の有資格者、歓迎!
◎資格取得に必要な費用は、会社で全額負担!
【勤務地】水戸市東野町542番地5
【勤務時間】9:00~18:00(現場により早出・残業あり)
【給与】月給25万~35万円 ※経験・能力考慮し優遇いたします
【休日休暇】日曜・祝日、他会社カレンダーによる
※年末年始、GW、夏季休暇あり
【待遇・福利厚生】
・昇給あり ・社会保険完備
・交通費規定支給 ・制服・作業服貸与 ・社用車貸与
・時間外手当支給 ・試用期間3ヶ月あり
************************
当社ご連絡の上、履歴書をご郵送ください。
〒310-0846 水戸市東野町542番地5
電話 029-246-9511
株式会社アルク 担当:宗元(むねもと)

イベント告知!『講演 低炭素な街づくりの今とこれから』開催

こんにちは!アルクの広報担当・高羽です。今回はイベントの告知をさせて頂きます!

●日 時/平成30年5月15日(火) 14:15~
●会 場/茨城大学水戸キャンパス図書館3F「ライブラリーホール」
●演 題/『低炭素な街づくりの今とこれから』
●講 師/小澤一郎氏(都市づくりパブリックデザインセンター前会長)
●主 催/いばらき低炭素社会実現研究会
●後 援/茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)
●費 用/参加無料!!!
●申 込/いばらき低炭素社会実現研究会事務局(株式会社アルク内) 担当:高羽
●電 話/029-246-9511 ●メール/takaha@a-rc.co.jp

今、地球規模で強く求められている「低炭素な社会」づくり。アルクは、茨城でのリーディングカンパニーを目指し積極的に勉強を重ねていきます!
ご興味ある方、ぜひご参加ください!!
*************************************
★☆★現場管理&技術スタッフ募集中★☆★

◆地盤改良◆地質調査◆地盤補強◆地中熱◆沈下修正◆環境事業
地球の未来のために一緒に働く「施工管理の正社員」を募集中!
年齢30代が中心の、若くてパワーがある会社です!

↓↓↓こういう方にオススメ↓↓↓
・デスクワークより現場作業が好きという方
・高い評価の中で「質の高い仕事」を求めている方
・新しい時代・分野・技術にチャレンジしたい方
・若い会社でバリバリ仕事をしたいという方
・硬い話は苦手だけれど、手堅い仕事は得意という方
☆ご興味ある方、ぜひお気軽にお問い合わせください。
☆当社は「土の中から地球の未来を考える」会社です☆
株式会社アルク 029-246-9511 担当:宗元(ムネモト)
http://www.a-rc.co.jp/

↓↓↓内容・待遇等 硬い話はコチラ↓↓↓
************************
株式会社アルク http://www.a-rc.co.jp/
【職種】施工管理(現場内容については当社HPを参照)
【採用予定人数】2名
【対象】高卒以上、要普通免許 <未経験者大歓迎!!>
◎建築・土木関係の経験がある方、優遇!
◎土木施工管理技士等の有資格者、歓迎!
◎資格取得に必要な費用は、会社で全額負担!
【勤務地】水戸市東野町542番地5
【勤務時間】9:00~18:00(現場により早出・残業あり)
【給与】月給25万~35万円 ※経験・能力考慮し優遇いたします
【休日休暇】日曜・祝日、他会社カレンダーによる
※年末年始、GW、夏季休暇あり
【待遇・福利厚生】
・昇給あり ・社会保険完備
・交通費規定支給 ・制服・作業服貸与 ・社用車貸与
・時間外手当支給 ・試用期間3ヶ月あり
************************
当社ご連絡の上、履歴書をご郵送ください。
〒310-0846 水戸市東野町542番地5
電話 029-246-9511
株式会社アルク 担当:宗元(むねもと)
http://www.a-rc.co.jp/

今年1年ありがとうございました

皆様、こんにちは。アルクのリンと申します。年内最後の会社のブログを担当します。
時間が経つのが早くて、ことしももうすぐ終わりますね!年末年始のイベントで皆さんも非常に忙しいと思います。寒いですし、体調が崩れないように気を付けましょう!

私は日本の冬が苦手ですが、なぜか今年はそんなに寒くないと心の中から感じています。
その理由は、、、今年から同郷のクイエンが仕事を一緒にしてくれているからかも(笑)彼が
入社したことはアルクの今年の大きなニュースのひとつです。彼を見ていると、2 年前の自
分の姿をたくさん思い出しました。似ていると思うところがたくさんあります。私もはじめ
は、仕事も日本の生活も何でも新しくて毎日緊張しながら働いていたのです。きっと彼も同
じ感じだと思います。

彼は日本語がまだ上手ではないですが、作図の業務がかなり上手と褒められています!

隣の上司から「クイエン君、図面作成が速いね!」という話を聞くと、なんとなく自分も嬉
しくなります。頑張っているクイエン君はきっと上達も早いだろうなぁと思います。

彼は社内の仕事以外に、週に1回ぐらい現場へ同行しています。現場は社内と比べてずっと寒いですが、現場の仕事のほうが好きだと言います。現場へ行く日は、5 時ごろ起きて早く自転車で通勤しなければいけないのに!不思議です。。。


同行した現場(上司の近藤と一緒に仕事をしています)
現場で職人の皆様と色々と話せるので、とっても楽しいと言っていました(^^)


ハツリ機を使っているクイエンです。体は小さいけど、力がありそうですね(^^)

それでは、、、クイエンにちょっとインタービューしてみましょう!!!

Q:クイエン君、日本へ来てから、一番印象にのこっているのは何ですか?
A:日本は超寒-いです!夜外へ出ちゃうと、頭、鼻、耳、手、、、全部凍ってしまった感じ。
あと、日本のりんごがこんなに美味しくて大きいとは思わなかったです。笑!


この間、設備設計協会の皆様と一緒にりんご狩りのツアーに参加しました。

Q2: 日本の料理で、何が一番好きですか?
A2: ラーメン!!!(キッパリ)


アルクのみんなも、ラーメン大好きだよ!クイエン、良かったね!!

新しい生活、初めての海外での仕事、ホームシック、言語の壁など、、、多分困っていること
が多いと思いますが、周りに一生懸命頑張っている方が多い職場で働けるのは成長するチ
ャンスです。皆様、これからも応援宜しくお願いします!

安全で快適な生活は足元から(学びの秋 第3弾)

こんにちは。アルクの広報担当・高羽です。秋もだんだん深まってきました。前回のブログでご紹介させていただいた、新ベトナム人スタッフ・クイエンも、日本の秋を満喫しているようです。


リンゴ狩りに行って自分の顔程もある大きなリンゴをもいでみたり、、、


BBQで食欲の秋を満喫したりしています♪

さて、本題、、、
先週、11月10日の金曜日に、「安全&快適生活は足元から」と題したセミナーを、主催させていただきました。設計事務所や工務店にお勤めのプロの方から、環境問題に興味がある一般の方や学生さんまで、40名を超える皆様にお集まりいただきました。


セミナーでは、当社が取り組んでいる「地盤」「地中熱」の具体例を題材に取り上げながら、「安全に、安心して暮らしていくのに必要なこと」「昔からの知恵や技術も今に生きていること」「環境と共生しながら快適に暮らすということ」などを学んでいただきました。

受講して頂いた皆様からは、

↑100点満点で98点を頂いたり


↑具体的なご相談や見学の希望を頂いたり


↑「もっと話を聞きたい」と言っていただいたり


↑初めて聞く知識に興味を持っていただけたり。しかも学生さんに!

とっても嬉しい感想を頂くことができました。
当社が生業にしているのは、地盤調査にしても改良工事にしても、地中熱にしても、すべて「地面の中」のこと。なかなか目には見えないけれど、とても大切なことなんだということを感じて頂くことが、とても嬉しく思えました。

当社では、目で見て肌で感じて頂けるような見学会やセミナーを、これからも随時開催していきます。またの機会にも、皆様、ぜひご参加ください!!

以上、ブログ「学びの秋」3部作でした!

災害停電時対応のARCオリジナル自動販売機登場!

こんにちは!アルクの広報担当・高羽です。サッカー日本代表がワールドカップ本選出場を決め上機嫌です♪本日は、上機嫌になるニュースをもう1つご紹介します。それがこちら!


当社の駐車場の一角に、かねてから計画を進めていたオリジナルデザインの自動販売機が設置されました!


道路側から見たデザイン。オリジナルのデザインって、目立ってすっごくいいですよね♪

そして今回の自販機設置は、当社が進めている「地域貢献」の取り組みの一環になっています!写真でもご覧いただける通り『災害停電時使用可能』な自販機を選択しました。万が一の時、地域の皆様に役に立ててほしいという伊藤園さんの想いと当社の想いが一致して、今回の設置につながりました。オリジナルデザインのラッピングと設置にご協力いただいた伊藤園さん、本当にありがとうございます!

そしてこの災害対応自販機、もしかするとなんですが、、、巷で大人気の「ポケモン GO」のゲーム上に登場する可能性もあるとのこと。ご来社の際は、一度試してみてください!